堀浩司の関西深堀りラジオ!経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 堀浩司 おすすめ 癒しのマレーシア
PODCAST ラジオ配信中:RCC中国放送「ミライレポート」必ずわかる 法人税のしくみ

経済ジャーナリスト 堀 浩司 の “経済コメント”

金利上昇でどうなる?住宅ローン

 金利の上昇が話題となっています。マイホームを検討している人にとって、今一番の関心事ではないでしょうか。住宅ローンはどうなるの?──と心配する声に対して、「あわてるとミスをおかします。まず長期固定型の金利を考えて」と話すのは、住宅のマネープランに詳しい税理士の堀浩司さん。その理由を解説してもらいました。

長期固定金利を第一に
■ 安全・安心が基本

 日銀のゼロ金利政策が解除されたことで、住宅ローンの金利上昇が現実味を帯びてきているのは周知の通りです。その住宅ローン、次の三つのタイプに分けられます。
(1)固定金利型=借り入れ時に、全返済期間の金利があらかじめ決まっている
(2)変動金利型=金融情勢の変化に応じて、定期的に金利が変動する
(3)期間限定固定金利型=たとえば当初3年間など一定期間を固定金利に、それ以降は金利の見直しをする
 さて、ここにきて、あらためて注目を集めているのが(1)固定金利型です。今月11日に住宅金融公庫が発表した、住宅ローン利用予定者を対象にしたゼロ金利解除に関する意識調査結果においても、全期間固定型の金利を希望する人が、昨年の54.1%から71.3%へと大きく増加しており、関心の高さを裏付けています。
 いわゆる「長期固定金利」志向が、なぜ高まっているのでしょうか。やはり、全返済期間にわたって、金利は当初に決められた数字が適用される、という点が大きいでしょう。
 返済計画をシミュレーションできますし、確定したトータルの返済額が分かるという利点もあります。つまり、金利の変動で返済額が変わる不安定な状況よりも、 「安全・安心」ということです。
■ 金利は上昇傾向に
 バブル経済の崩壊以降、たとえば住宅金融公庫の基準金利は、ほぼ2%台の超低金利で推移してきました。民間金融機関の住宅ローンでは、それを下回る変動金利型、期間限定固定金利型の商品もありました。
 ただし、こうした超低金利そのものは、ある意味、異常事態であったことを知っておくべきでしょう。特に、今の住宅購入の主力である30代の人たちは、バブル期を知りません。超低金利の水準が「普通」になってしまっています。
 しかし、金利の現状は「底」から少し上がったところにあります。そのスピードは別にして、金利は景気の回復とともに上昇していくものであることを、理解しておく必要があります。
 すでに、変動金利型や期間限定固定金利型でローンを組んでいる人から、「金利が上がると返済が厳しくなるのですが…」という相談が、よく寄せられるようになっています。据え置かれてきた変動金利型の住宅ローン金利も10月に見直しが予想されますが、このような金利の引き上げが続きますと、マイホームを手放さざるを得ない人が現実に出てくる可能性はあります。
 マイホームを検討している人にとって、期間限定固定金利型や変動金利型の当初の金利の低さは魅力的に映るかもしれませんが、リスクが高いことも確かです。資金に余裕がある人はともかくとして、余力がなくギリギリの状態であるならば、まず「長期固定金利」で返済が可能かどうかを判断すべきです。金利が上昇局面に入った今は、なおさらだといえます。
 ただ、現状では、金利をそう極端にアップさせるような材料は見当たらず、徐々に上昇していくとの見方が大勢です。つまり、今より上昇するにしても、まだまだ低金利であることに変わりはありません。「金利が上がる前に買わないと損」と、あわてる必要はないと思います。(「朝日新聞」2006年8月18日掲載記事より)

金利が見直されると…
期聞限定固定金利型ローンの場合

当初3年は固定金利1%(優遇金利適用)
3年経過後に金利見直しで2.7%に(以降同率で推移)
ローン金額30,000,000円/返済期間35年/元利均等返済
  当初3年間 見直し後 増加額
返済額
(月額)
84,686円 108,273円 23,587円
返済総額 35,568,120円※ 44,625,528円 9,057,408円
※金利1%で35年返済

(「朝日新聞」2006年8月18日掲載記事より)

main

経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー・経済講演/堀 浩司

経済・ファイナンシャルプランニングの取材・講演・出演を承ります
経済ジャーナリスト 堀 浩司 の “経済コメント”

経済ジャーナリスト堀浩司HOME
プロフィール経済コメントコラム芸能マネーメディア情報取材・講演依頼セミナーのお知らせ癒しのマレーシア

経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 堀 浩司 オフィシャルサイト