堀浩司の関西深堀りラジオ!経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 堀浩司 おすすめ 癒しのマレーシア
PODCAST ラジオ配信中:RCC中国放送「ミライレポート」必ずわかる 法人税のしくみ

経済ジャーナリスト 堀 浩司 の “経済コメント”

円・株乱高下、どうなる日本経済

このような円高傾向はしばらく続くと思いますか?
  円安に動く要因が見当たらない   しばらくは円高が続く

日本経済への影響はどうでしょうか?(春闘への影響や日銀総裁人事についても)
 円高時のいつもの報道  「輸出企業業績悪化、1円の円高で営業利益が何億円減る・・・」
 日本は輸出も輸入もしている、円高デメリットばかりを報道しすぎ
   値上がりを続ける原油、食料品、鉄鉱石の輸入にはメリット大
   〜実物資源の値上がりと円高デメリットをペアで強調する不思議〜
 日経連、既に春闘のマイナス材料として
 日銀総裁不在ならば為替市場への日銀介入ができないが、
 短期の不在であれば残念ながら経済に大きな影響を及ぼすほどの存在とは思えない

円高傾向などを受けて株価も11日には一時、1万2400円を割り込み、2005年8月下旬以来、約2年6ヵ月ぶりの低水準まで下落しました。株価も安定しませんが、こちらについてはどう考えますか?(アメリカ経済の先行きについても触れてください)
 日本株を売買しているのは外国人機関投資家
 国際投機マネーが投機先を求めて、株、債権、原油、穀物相場を右往左往している
 投機マネーは、乱高下大歓迎
 金融中心のアメリカ経済は景気後退がおこると脆弱
 日本は物を造って価値を生み出し世界第2位のGDPを誇る
   日本のエネルギー、製造業株の底堅さに注目しておきたい
 目先の株価ではなく、冷静に株価を見ているだけでいい

このように市場が安定していないにも関らず、一部議員が日本版政府系ファンドの設立に躍起になっていますが、どう考えますか?(政府系ファンドとは何かも含め)
 政府系投資ファンド〜政府がお金を出して運営する投資機関 
   G7(先進7か国 米、英、仏、独、伊、加、日)メンバー国  設立無 
   中東、露の原油産油国    だぶつくオイルマネーと先が見えてきた石油資源
   シンガポール        小さな国土で生きていくための金融立国

 自民党検討チームのある幹事(参議院議員)の設立を急ぐ理由
 「サブプライムローン問題で世界の金融市場が傷んでおり、この時期に日本版政府系ファンドを 始めれば、
  日本が海外資産を安く買って高く売る大きなチャンスになる」
 内外の運用のプロを雇って海外株式、不動産なとで積極的に運用し、利益を財政再建や社会保障に充てる構想
  目前で起こっている世界のプロ中のプロが損失を出しているサブプライムローン問題の教訓は
 自民党「資産効果で国民を豊かにする議員連盟」  反対する人を『抵抗勢力』と呼んで牽制
   グリーンスパン前連邦準備制度理事会議長 公的年金積立金の株式投資さえも反対してきた

(RCC中国放送(広島)「寺内優のおはようラジオ」2008年03月14日ON AIR)

main

経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー・経済講演/堀 浩司

経済・ファイナンシャルプランニングの取材・講演・出演を承ります
経済ジャーナリスト 堀 浩司 の “経済コメント”

経済ジャーナリスト堀浩司HOME
プロフィール経済コメントコラム芸能マネーメディア情報取材・講演依頼セミナーのお知らせ癒しのマレーシア

経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 堀 浩司 オフィシャルサイト