堀浩司の関西深堀りラジオ!経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 堀浩司 おすすめ 癒しのマレーシア
PODCAST ラジオ配信中:RCC中国放送「ミライレポート」必ずわかる 法人税のしくみ

経済ジャーナリスト 堀 浩司 の “経済コメント”

ガソリン税暫定税率と私達の暮らしは

ポイント1.税収を道路整備だけに使うという「道路特定財源」
ポイント2.道路整備が国の発展に必要だった1954年当時の財源確保のため、
       本来の税率に上乗せした「暫定税率」が設けられたこと

民主党の主張
道路特定財源 税収を道路整備だけに使わず、一般財源として使う
暫定税率   廃止

自民党の主張
道路特定財源 道路整備は現在も必要、道路特定財源として継続としていたが
       一般財源化も視野に入れて検討と福田首相
暫定税率   今後10年間維持

法案が成立しなかったときの私たちへの影響
   3月末で1リットル当たり25.1円の暫定税率がなくなる
4月からガソリンがすぐに安くなるわけではない
    「蔵出し税」精油所から出荷されるときに税金がかかるので、
    ガソリンスタンドに暫定税率がかかっていないガソリンが届くのは10日前後してから
    ガソリンスタンドによって安くなったり、元のままの価格であったりと大混乱
    年間10700円ぐらいガソリン代が安くなる

しかし、国、地方で考えた場合、国の税収が1兆7千億円、地方の税収が9千億円が減る

◎ まず、3月末から4月初めの大混乱は、絶対に避けなければならない
  半年から1年程度の本来の「暫定」措置をとり深い議論

◎ 我々にとってもちろん道路整備は必要だが、道路整備だけか必要なのか
    医療、福祉、年金、格差是正などよりも優先して取り組まなければならないのか
    特定の用途に限られているので余剰金の無駄遣い
      ミュージカル開催、職員タクシー代、委託先職員の慰安旅行
           「特定財源」をやめ、医療、福祉、年金などにも使える一般財源
◎ 税収不足の折、この減収分の補填   他の増税か国債、地方債の発行
           暫定税率をやめ本来の税率に取り込む

(FM青森、FM高知/JFN13局 「アプローズ!」2008年03月21日ON AIR)

main

経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー・経済講演/堀 浩司

経済・ファイナンシャルプランニングの取材・講演・出演を承ります
経済ジャーナリスト 堀 浩司 の “経済コメント”

経済ジャーナリスト堀浩司HOME
プロフィール経済コメントコラム芸能マネーメディア情報取材・講演依頼セミナーのお知らせ癒しのマレーシア

経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 堀 浩司 オフィシャルサイト