堀浩司の関西深堀りラジオ!経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 堀浩司 おすすめ 癒しのマレーシア
PODCAST ラジオ配信中:RCC中国放送「ミライレポート」必ずわかる 法人税のしくみ

経済ジャーナリスト 堀 浩司 の “経済コメント”

公的年金の本当の姿を検証

社会保険庁年金記録問題、保険料横領問題〜公的年金制度への信頼感が揺らぐ
   しかし、私たちの公的年金問題の本質を見失ってはいけない

日経新聞ネット調査(2008.01)
   公的年金制度は将来にわたって信頼できない 68%
   年金財政、給付水準への不安  49%

年金制度は破綻しているか?
2006年度
 厚生年金収支  黒字 1兆1021億円
   制度発足以来2003年度に一度だけ6386億円の赤字計上
 国民年金収支  赤字 △1194億円
   2003年度から2006年度まで連続赤字
 厚生年金積立金残高139兆7509億円、国民年金積立金残高  9兆3828億円
                    (世界最大規模・年金給付5年分)

公的年金は損な制度なのか?
 厚生年金平均受給額 16万5000円(20年以上加入)
   男19万円(34年10ヶ月)、女11万円(23年11ヶ月)
 国民年金のみ平均受取額 51,000円(男56,000、女49,000)
                    (2005年03月末社会保険庁資料)
○ 平均余命までの年金受取額と支払った保険料の比率
 今年の大卒新入社員(1985年生まれ)
  厚生年金   支払う保険料3300万円/受取る年金額7600万円   2.3倍
                    (同額ある会社負担額を含めると1.15倍)
  国民年金   支払う保険料1200万円/受取る年金額2100万円   1.7倍
 (参考)
 厚生年金
  1935年生まれ 保険料 670万円年金額5500万円8.3倍
  2005年生まれ 保険料4100万円年金額9500万円2.3倍
 国民年金
  1935年生まれ 保険料 230万円年金額1300万円5.8倍
  2005年生まれ 保険料 1600万円年金額2600万円1.7倍
○ 何歳まで受給すれば元をとれるか
 国民年金8.5年73.5才
 厚生年金35才(1973)男性独身5.5年70.5才
○ 厚生年金〜会社負担額の存在が大きい
 例 給与35万円 (本人)26993円+(会社)26993円=53986円 国民年金14,410円

民間私的年金ではマネ出来ない公的年金
 民間会社では破綻は考えられるが、日本国の破綻は考えられない
 後退したがある程度の物価スライド
 終身年金
 厚生年金には引続き遺族年金
 厚生年金・・・会社が同額負担  国民年金・・・国が1/2負担へ(現行1/3)

日本の公的年金の問題点は?
○ 長すぎる最低加入期間
 日本25年、韓国、アメリカ10年、
 英国男性11年、女性9.75年、ドイツ5年、フランスなし
 加入期間不足で年金をもらっていない人118万人(60歳未満でも45万人)

○ 低すぎる現役時代の収入と比べた給付水準(OECD2007.06)
 〜OECD加盟先進7カ国中最低
 ギリシャ110.1%(若年層が多い)、イタリア77.9%、韓国71.8%、フランス63.1%、
 ドイツ58.0%、米国52.4%、イギリス41.1%、日本39.2%

「年金が生活費にたりない」と思う人  56.9%(前回2001年度調査比10.3%増)
「年金で生活をまかなえる」と思う人  32.7%(前回2001年度調査比06.8%減)
                    内閣府5.13発表「高齢者の意識調査」

頼りに出来ないとの諦めは、結局私たちが損をしてしまう
              → 年金崩壊キャンペーンは意図的?!

公的年金を私たち自身が守り育ていく必要がある、私たちのために

(TBC東北放送(仙台)「Goodモーニング」2008年06月04日・SBC信越放送(長野)「モーニングワイド・ラジオJ」2008年06月09日ON AIR)

main

経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー・経済講演/堀 浩司

経済・ファイナンシャルプランニングの取材・講演・出演を承ります
経済ジャーナリスト 堀 浩司 の “経済コメント”

経済ジャーナリスト堀浩司HOME
プロフィール経済コメントコラム芸能マネーメディア情報取材・講演依頼セミナーのお知らせ癒しのマレーシア

経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 堀 浩司 オフィシャルサイト