堀浩司の関西深堀りラジオ!経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 堀浩司 おすすめ 癒しのマレーシア
PODCAST ラジオ配信中:RCC中国放送「ミライレポート」必ずわかる 法人税のしくみ

経済ジャーナリスト 堀 浩司 の “経済コメント”

大企業経営者は中小企業を見習っては

中小企業の厳しい現実
◎ ある中小企業の現実
(1) 産業及び一般廃棄物の収集運搬業 従業員15人
  2008.05月〜10月半年間売上 7500万円
  (前年同期間1億5700万円 △52%減 売上減少△8200万円)
  ・港湾関係の大企業がゴミ処理代を大幅節約
  ・飲食店がゴミを出さない  節約と外食産業売上減の影響

 収集運搬トラックのガソリン、軽油  4か月滞納
   現金払いでなんとか給油してもらっている
  条件は滞納分の支払いを確実にすること  二重経費払い

 役員、従業員給料2680万円
  (前年同期間7060万円 △62%カット カット額△4380万円)
  まず、家族役員の給与を5割カット
  どうしても、どうしても経営が成り立たないので、 つらい決断、4人の従業員解雇
   中小企業では、まず経営者の給与カットが最初
    で、どうしてもという事態で従業員の解雇

 金融機関借入金7600万円  12月初め250万円の銀行借入返済ができなかった
   年末までに支払わないと借入全額が県の保証協会に移り、銀行との取引停止

前期 純損失△960万円 前前期 純損失△2180万円

(2) 建売住宅販売 従業員5人  2008.4〜9  売上3070万円
  前年同期間2億4700万円 前年同期間比12%
  売上減 2億1600万円 △82%減

  前期  純利益350万円   前前期  純利益2220万円
  半年間で建売1軒のみと仲介手数料わずかだけが売上

(3) 印刷業 従業員4人  2008.8〜10売上1200万円
  前年同期間1400万円 前年同期間比85%
  売上減 200万円 △15%減
  前期  純損失△160万円


  各企業ともパソコンで社内印刷による経費削減
  大手メーカーの孫会社では、
  社内報のページ数削減、カラーページ削減。年賀状も白黒印刷。
  親会社からのコストカットの目がおよぶのを警戒して

◎ 今日、明日、明後日のお金がない
  緊急保証制度
  中小企業の資金繰り対策として、平成20年度第1次補正予算で政府創設
   大阪市12.15までに13,500件の売上減少等の認定(10万社の小企業の1割強)
   神戸市10.24〜11.30 4593件の相談 例年の1年分
   従来の信用協会保証80%100%全部保証  金融機関のリスク全くなし
   自行のリスク外しのため、借り換えを促す金融機関もある

中小企業に働く人の厳しい現実
◎ 中小企業の冬ボーナス支給率
  62.3%(前年比△9.1%)  支給企業平均額283,815円    大阪市信用金庫12.03
   中小企業に直に接している実感では支給なし企業の割合、もっと多い気がする
  大手企業平均妥結額889,064円(日本経団連12.17)

◎ 失業保険(雇用保険)未加入率
  非正規雇用者1732万人(2007)のうち1006万人、58%が未加入
          (11,14衆議院厚生労働委員会・舛添要一厚生労働大臣)
  週20時間以上の労働を1年以上続けることが見込まれる場合、
  事業主に従業員雇用保険加入義務小規模企業では未加入多い

大企業は大人の対応を、そしてマスコミも含めてヒステリックになりすぎ
トヨタ自動車2009年3月期予想
営業損失  1500億円(2008.03月期営業利益2兆2703億円)
税引後利益 500億円(2008.03月期税引後利益1兆7000億円)

2004年3月期から毎年純利益1兆円超 
2004.03〜2008.03累計7兆675億円
業績予想修正社長記者会見(12.22)
日本のリーディングカンパニーとして堂々と、
「私共の企業は累々と利益を計上し続け、強靭な体力を保持しています。
  少々のことではへこたれません・・・」、ぐらいのことを言ってほしかった。

中小企業そしてそこに働く人が、今、望むこと
「誰も家を買おうとしない。1人も客が来ない週もある。」
「年末は何とか乗り切れそうだが、年明けから従業員の給料が払えるかどうか」
                    不動産会社社長(43)  12.09讀賣新聞夕刊

「今回の景気悪化のスピードはこれまでになく速い。
     政府の景気対策なんて間に合っていない。」  12.16朝日新聞
       11月末大阪地裁から破産手続き開始決定を受けた建設会社元社長(60)

 「とにかく先に景気の明かりが欲しい。もう耐えられない。」
                神戸市 産業及び一般廃棄物収集運搬業社長(65)

明日の売上、消費を喚起する対策が何も取られていない
このままでは、緊急融資がそのまま返済不能になり
実際の財政支出「真水」となって無駄に終わってしまう可能性大

今、望むこと
強い政治のリーダーシップと先に明るさがともる即実行の目に見える経済対策
とにかく、売上を、仕事をくださいとの中小企業の悲痛な叫び

こんなに苦しんでも我慢を続けている中小企業
⇒ ここ数年、最高益を更新続けて体力があるはずの大企業が
      企業にとって最も大切な人をすぐに切ることでの解決策は安易すぎる

(MBS毎日放送「MBSニュースレーダー」2008年12月23日ON AIR)

main

経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー・経済講演/堀 浩司

経済・ファイナンシャルプランニングの取材・講演・出演を承ります
経済ジャーナリスト 堀 浩司 の “経済コメント”

経済ジャーナリスト堀浩司HOME
プロフィール経済コメントコラム芸能マネーメディア情報取材・講演依頼セミナーのお知らせ癒しのマレーシア

経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 堀 浩司 オフィシャルサイト