堀浩司の関西深堀りラジオ!経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 堀浩司 おすすめ 癒しのマレーシア
PODCAST ラジオ配信中:RCC中国放送「ミライレポート」必ずわかる 法人税のしくみ

経済ジャーナリスト 堀 浩司 の “経済コメント”

エコポイントが始まりました・・・

省エネ家電を購入すると、「ポイント」がもらえるという政府の経済対策のひとつ
「エコポイント」制度が、先週金曜日にスタートしました。
先週末には、このエコポイント制度開始を売り上げアップにつなげようと
家電量販店が独自のセールを実施するなどしていますが、
制度の細かい中身については、なかなか理解していないという方も多いと思います。
(野村さんは、どうですか?)
そこで今晩の特集は、このエコポイント制度の詳しい内容と問題点について
考えたいと思います。
ゲストは、税理士で阪南大学講師の堀浩司さんです。
堀さんは、「経済ジャーナリスト」として、ラジオやテレビで税金以外のテーマについても
お話される機会が多いそうです。

■5/15からスタートしたエコポイント制度とは?
 ・ 省エネ性能基準を満たしたエアコン、冷蔵庫、地上デジタル放送対応テレビを
   2009.05.15〜2010.03.31に購入すること
 ・ 1ポイント=1円相当のエコポイントがもらえる。
 ・ 手持ち製品をリサイクルに出した場合もエコポイントがもらえる

■エコポイント対象商品をもう少し詳しく
 ・ この3品目ならば、何を買ってもポイントがもらえるというわけではない。
   「統一省エネラベル」四つ星以上が基本
   「エコポイント対象商品」のマークが目印

■もらえるポイントは?
 ・ エアコンと冷蔵庫は価格の5%程度、テレビは10%程度が目安で、3〜5段階に区分
   エアコンの冷房能力、冷蔵庫の容積、テレビの画面サイズに応じてポイントが決まる。
    エアコンの場合、6000ポイントから9000ポイント
    冷蔵庫の場合、3000ポイントから10000ポイント
    テレビの場合、26型未満の7000ポイントから46型以上の36000ポイント
      などとなっている。
 ・ 買い替えをしてリサイクルを行う場合には、さらに、
   エアコン・テレビで3000ポイント、冷蔵庫で5000ポイントがもらえる
 ・ 不公平感をなくすため、同じ機種ならどこで買ってもポイントは同じ

■エコポイントはどのようにして受け取るの?
 ・ 驚くべきことに、まだ詳しいことは決まっていない!
   詳細未定6月頃決定、7月頃手続き開始予定
   二階俊博経済産業大臣5.15
   「ポイントの申請受け付けを7月に始め、商品の交換開始は8月ごろになる」

 ・必要書類を郵送で事務局へ送付してポイント登録
   〜その「事務局」すら、事業を行う団体をきょうまで募集していたくらい
 <必要書類とは・・・>
  (1)購入日、購入店、製品名、購入者が分かる領収書(又は同様のレシート)
  (2)購入日と店を記した保証書
  (3)家電リサイクル券の控え

■エコポイントはどんなことに使えるの?
 ・ これも詳しいことは決まっていない
   8月頃交換開始予定、有効期限2012年03月末
   商品交換はカタログで郵送又はインターネットで申込
   交換対象商品  第三者委員会で選ぶ 6月中に決める
   (1)省エネ、環境に配慮した商品
   (2)商品券、プリペイドカードのうち発行者が環境保全への寄付などをしているもの
   (3)地域振興に役立つ商品
   ICカード乗車券への入金、地デジアンテナ工事費も対象に検討

■どうして詳細が決まらないまま「見切り発車」したの?
 ・ 「買い控え」が起きていたから
   エコポイント構想が出た時点で、
   「どうせ買うなら、エコポイントがもらえるようになるまで待とう」と思った消費者がたくさんいたということ。
 ・ ヤマダ電機 4月 テレビ前年同月比3割減、冷蔵庫2割減
   (5.15朝日新聞)

■エコポイントがスタートして、家電量販店に客は?
 ・ ビックカメラ5.15前年同日比 大型テレビ2〜3倍、大型冷蔵庫2倍、エアコン1.5倍
   (5.16 毎日新聞)
 ・ エコポイントを消費不況下の「干天の慈雨」(カンテンノジウ 日照り続きに降る恵みの雨)にしようと各社とも必死。
   ヨドバシカメラ:自社ポイントを5%上乗せ、ビックカメラ:自社ポイント最大10%上乗せ
   街の電気店では出来ない〜量販店との差が広がる懸念
 ・ 調査会社GFKジャパン 5.19全国約4500店の家電量販店販売データー集計
    前年同週比              (5.20毎日新聞)
   薄型テレビ  4.27〜5.03△13% 5.11〜17+30% 40型以上2倍
   エアコン  4.27〜5.03△39% 5.11〜17+52%
   冷蔵庫  5.11〜17+42% 501リットル以上2.5倍
 ・ 5.15〜17前年同期比(5.19讀賣新聞)
   ヤマダ電機  テレビ、冷蔵庫+50%、エアコン+35%
   上新電機  対象3品目すべて1.5倍    ヨドバシカメラ 対象3品目 2倍

■エコポイントで経済効果は?
 ・ 関西社会経済研究所5.13インターネットによるアンケート調査
   質問:「制度が実施されれば省エネ家電を購入したいですか?」
   冷蔵庫9%、テレビ15.3%、エアコン8.9%
   (全国2人以上の3600万世帯に換算すると)
      冷蔵庫 324万台 (前年度比70%程度販売台数増)
      テレビ 551万台 (前年度比50%程度販売台数増)
      エアコン 320万台 (前年度比40%程度販売台数増)
   「実際に買う人がどれだけいるかは分からないが、
            大きな需要創出効果があるのは間違いない」
◎ ただし、政府がエコポイントで経済を盛り上げようと思うなら、
            ポイント交換制度の整備を早く進めないと、効果が薄れる

■エコポイント滑り出し順調のようだが、問題点は?
 ・ エコノミー(経済)面では、個人商店に恩恵が薄いのではないか?とか、
   家電の買い替えを考えていない消費者には何の関係もないといった批判もあるが、
   それなりの経済効果はあるようだ。

 ・ エコロジー(環境)面ではいくつかの疑問の声も・・・
   「まだ使える商品を買い換えるのが本当にエコにつながるのか?」
   「少しでも多くのエコポイントをもらうために大画面テレビを買う人が増えれば、
   その分、消費電力が増えるのでは?」
  こうした疑問に答えるためにも、「エコポイント導入で、どれだけ地球温暖化防止に
   役立ったのか?」などの検証作業を行うべきだ

「薄氷をふむ」状態の中でのほんのほんの少しだけの明るさの兆し
目に見える経済対策が今、一番必要な時期
エコカー減税、定額給付金、エコカー購入促進策、そしてエコポイント、
立て続けの対策を実りあるものにしないと国債追加発行10兆8190億円が無駄に

(MBS毎日放送「MBSニュースレーダー」2009年05月21日ON AIR)

main

経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー・経済講演/堀 浩司

経済・ファイナンシャルプランニングの取材・講演・出演を承ります
経済ジャーナリスト 堀 浩司 の “経済コメント”

経済ジャーナリスト堀浩司HOME
プロフィール経済コメントコラム芸能マネーメディア情報取材・講演依頼セミナーのお知らせ癒しのマレーシア

経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 堀 浩司 オフィシャルサイト