堀浩司の関西深堀りラジオ!経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 堀浩司 おすすめ 癒しのマレーシア
PODCAST ラジオ配信中:RCC中国放送「ミライレポート」必ずわかる 法人税のしくみ

経済ジャーナリスト 堀 浩司 の “経済コメント”

牛丼値下げ競争から見える日本経済

牛丼チェーン「松屋」 4月12日〜23日期間限定70円安く
     「すき家」 4月09日〜21日期間限定30円安く(都市部の百数十店)
結果、いずれも並盛250円  「吉野家」4月07日から一週間270円に値下げの対抗策
昨年12月「松屋」、「すき家」が通常価格値下げし、対抗のため吉野家が期間限定で対抗

多くの業界で、売れないから単価下げ、下げても売れず、売れても利益が上がらない 悪循環
安売り競争は経済を縮小させ、デフレ経済を煽るだけ
  15か月連続で売上が落ち込んでいるスーパーなどの小売業界

価格競争は消耗戦。いったん価格競争を始めると、
さらに安いライバルがあらわれたときに太刀打ちできなくなってしまう

短期的に会社が儲かるようにしようとしたことが、長期的な経済の停滞を生んだというのが、
今の日本経済の大きな原因のひとつでもある

ユニクロ(ファーストリティリング社長)柳井正氏
「人の作った需要を後追いして、二番煎じ、三番煎じを続けたら、最後は安売り競争に行きつくしかない。それが結果的に需要を縮小させる。需要は自ら創り出さなければならない」(週間現代)

初乗り1キロ320円タクシー
大阪・堺市「新金岡タクシー」  初乗り2キロ500円のワンコインタクシーの継続申請を2月に脚下
1キロ320円2キロまで250メートルごとに80円ずつ加算2キロ640円
特別な審査なく運賃が認められる「自動認可運賃」(2キロ640円〜660円)

セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカドー(セブン&アイホールディングス会長) 鈴木敏文氏
「需要、消費を活発化させるのは新しさと独自性しかない。
マンネリに陥ったもの、ありきたりのものは、いくら安くしてもそれ以上需要は増えない。
新しい需要を創造するために、今までなかったものを作ることが、今の日本経済に最も求められている」(週間現代)

(KISS FM(神戸)/JFN全国11局「OH! HAPPY MORNING」2010年04月06日ON AIR)

経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー・経済講演/堀 浩司

経済・ファイナンシャルプランニングの取材・講演・出演を承ります
経済ジャーナリスト 堀 浩司 の “経済コメント”

経済ジャーナリスト堀浩司HOME
プロフィール経済コメントコラム芸能マネーメディア情報取材・講演依頼セミナーのお知らせ癒しのマレーシア

経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 堀 浩司 オフィシャルサイト