堀浩司の関西深堀りラジオ!経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 堀浩司 おすすめ 癒しのマレーシア
PODCAST ラジオ配信中:RCC中国放送「ミライレポート」必ずわかる 法人税のしくみ

経済ジャーナリスト 堀 浩司 の “経済コメント”

羽田空港国際化、利用者の視点からは大歓迎

国際線・国内線旅客数合計空港ランキング
1アトランタ(米)9004万人、2シカゴ(米)6945万人、3ロンドンヒースロー(英)6706万人、4羽田6675万人
羽田空港国際化 32年ぶりに国際定期便復活 国土交通省1兆円経済効果見込
10.21 国際線ターミナルと4本目の新滑走路(2500メートル) 供用開始
10.31 ロサンゼルス、パリなど9都市を結ぶ便が就航
    3年後には発着枠年44万7千回(内国際線9万回)アジア最大級北京空港に匹敵
日本航空 国際線15路線撤退。サンフランシスコ、シンガポール等羽田発着6路線安定需要見込
全日空  ロサンゼルス、ホノルルなど5路線就航、羽田国際化に「社運」をかける
東アジア路線1日40往復、欧米路線深夜早朝(PM11時台〜AM6時台)1日40往復
          欧州航空会社時間帯で不人気、JALパリ便のみ

私達利用者からは大歓迎
国内50都市から羽田経由で海外 JTB羽田経由ハワイ7.15発売初日だけで約500人応募
外国人客を羽田経由で地方     ANA シンガポールから羽田経由で北海道の温泉ツアー売出
エアアジアX(AIR ASIA長距離専用子会社)週3便・羽田〜クアラルンプール片道1万4000円就航
5階建て国際線ターミナルビル105店舗  利用客年間700万人見込

成田空港は
成田空港 世界約100都市に就航し慢性的発着枠不足
 「成田と羽田の共存共栄は可能」前原国土交通大臣・2009年秋 羽田にはない魅力
  2013年春  格安航空会社(LCC)専用旅客ターミナル新設 新規就航促す
     企業・個人保有ビジネスジェット専用施設新設検討

根本的な日本の空港問題点
先進国空港 独立採算制が基本 航空以外に輸送手段が無い離島、僻地等に手厚く補助
日本 空港整備特別会計(空港整備勘定)  個別空港の収支を基本としない「どんぶり勘定」
     個々の空港の利点と問題点が浮かび上がらない

就航便を増やすには、廉価な着陸料、サービスの向上、利便性の良い施設
非航空系収入の拡大  訪れた旅客が空港で消費活動をすることにより非航空系収入が更に拡大
 エア・モール  通過するだけであったターミナルビル内部にショッピングモールを出現
既に、羽田空港スイーツ(7.03日経新聞) 羽田空港限定品やそれほど並ばずに買える人気商品
    千疋屋センビキヤ総本店・マンゴープリン、大阪モンシュシュ・堂島ロール(11月末迄)

(KISS FM(神戸)/JFN全国11局「OH! HAPPY MORNING」2010年07月27日ON AIR)

経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー・経済講演/堀 浩司

経済・ファイナンシャルプランニングの取材・講演・出演を承ります
経済ジャーナリスト 堀 浩司 の “経済コメント”

経済ジャーナリスト堀浩司HOME
プロフィール経済コメントコラム芸能マネーメディア情報取材・講演依頼セミナーのお知らせ癒しのマレーシア

経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 堀 浩司 オフィシャルサイト