堀浩司の関西深堀りラジオ!経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 堀浩司 おすすめ 癒しのマレーシア
PODCAST ラジオ配信中:RCC中国放送「ミライレポート」必ずわかる 法人税のしくみ

経済ジャーナリスト 堀 浩司 の “経済コメント”

今年は電子書籍元年! 本はどう変わる・・・?

5月 iPad発売
12月10日発売 
シャープ「ガラパゴス」 電子書籍、新聞閲覧可能多機能端末、開始時点2万4千作品
      世界中どこにいても日本の新聞、雑誌が読める
ソニー  「リーダー」   電子書籍専用端末 本を読むことに特化 白黒で目に優しく光を発しない
      読書愛好家向け、字を拡大することでシニア層も読みやすい
      パソコンで電子書籍を購入し、パソコンから端末へ転送する方式、開始時点約2万作品

自分で電子書籍「自炊」  自分の本を裁断機(約3万円) スキャン(約3万円)で読み取る 数分で完成
 ・ 溢れかえる本を整理できる。  ・本を分類できる。  ・OCRで検索可能
 ・ 出張先、旅先へ沢山の本を持っていかなくても、パソコン1台で何冊も携行できる
本の自炊をしてくれる代行業者1冊200円程度   著作権の問題が残っている
 海外在住の方がアマゾン等で業者宛てに書籍を購入 自炊後海外在住者に送付 3〜4日で読める

作家さんたちが集まって自分たちで電子書籍を作って売る〜書き手が読み手にダイレクトに届ける
 AIR 2010年6月初版発行約10,000部売上
 紙の本 1冊の発行 直接の費用だけで数百万円〜1千万円  なかなか発行が難しい 新人困難
 既存の出版社の反発はあまりない → 出版社も新しい本の展開を考えている
 今まで読書週間のなかった人にもパソコンを通じて本を読む人が増えればというポジティブな考え方

書籍を店頭で印刷・製本・手渡し   三省堂書店(東京)
 本屋さんの店頭にはないが、出版社で電子書籍化されている本を店頭で作成
 長期品切れの本、昔読んだが今は店頭にない本など

電子書籍とこれまでの紙ベースの本との違い
書店の棚と違い、ネットでは画面に表示されている書籍以外はユーザーから見えない
  書店にあるような「本との偶然の出会い」が期待できない
iTunesが「音楽の聴き方」を変えたように、電子書籍で「本の読み方」を変えてしまうかも
 CDのように複数の曲がセットで売れるのではなく1曲単位で購入されている
  本も一冊、二冊という単位でなく、1話、1章という具合に細分化して販売、購入されるかも

本が変るのではなく、色々な読み方、使い方が出来るように本が広がるのが電子書籍化の姿では

(SBC信越放送「モーニングワイドラジオJ」2010年12月13日ON AIR、FM秋田/JFN全国9局「OH! HAPPY MORNING」2010年12月14日ON AIR)

経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー・経済講演/堀 浩司

経済・ファイナンシャルプランニングの取材・講演・出演を承ります
経済ジャーナリスト 堀 浩司 の “経済コメント”

経済ジャーナリスト堀浩司HOME
プロフィール経済コメントコラム芸能マネーメディア情報取材・講演依頼セミナーのお知らせ癒しのマレーシア

経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 堀 浩司 オフィシャルサイト