堀浩司の関西深堀りラジオ!経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 堀浩司 おすすめ 癒しのマレーシア
PODCAST ラジオ配信中:RCC中国放送「ミライレポート」必ずわかる 法人税のしくみ

経済ジャーナリスト 堀 浩司 の “経済コメント”

さわやかな勝利だから皆が幸せに

◎赤貧から生まれた「なでしこジャパン」の勝利
延長戦を2−2で終了後のPK戦(3−1)で米国に勝利(日本時間7.18AM6時過ぎ)

女子サッカー選手は赤貧(せきひん)生活
最も待遇の良い「INAC神戸」でさえ月給10万円。澤穂希選手で年俸360万円程度。
昼間に練習できる選手は少なく、「温泉旅館の仲居」、「農家」という選手もいる。

熱血FW永里優季(ナガサト ユウキ)   
 (ニュージーランドとの初戦で日本大会初得点)  
 (突然の結婚宣言  「今月入籍することになりました!」26日に婚姻手続きをしてドイツに戻る)
昨年末、日本プロサッカー選手会が勝利給などをめぐって日本サッカー協会と対立した際には
「おまえら何のためにサッカーやってんだ?と思った。
 女子は世界一になりたい、うまくなりたいという純粋な思いでやっている」と男子をバッサリ斬った。

優勝ボーナス
日本サッカー協会  150万円(350万円に引上げ検討中) 男子3000万円
※ 日本代表オフィシャルスポンサー・キリンギループ  
      選手21人全員に臨時ボーナス100万円支給決定
 米国1人当り300万ドル(約2億3700万円)、ドイツ1人当り6万ユーロ(約672万円) を今回用意

 飛行機移動 日本女子代表:エコノミークラス 
      日本男子代表 監督:ファーストクラス、選手全員:ビジネスクラス
  選手21人のみで試算往復 エコノミークラス約1000万円、ビジネスクラス約2400万円 

◎なでしこジャパンの快挙、小惑星探査機「はやぶさ」のことが浮かびました。
計画スタート1985年 当時米ソは莫大な予算の元で
             既に大プロジェクトで火星や金星に探査機を送っていた
日本 予算が無いため、NASAもためらうようなハッタリとも言える困難な計画 
             小惑星イトカワに着陸し、表面で試料を採取し地球に持ち帰る
 2003年5月打ち上げ  燃料漏れ、機器故障、帰還4か月前にはエンジンすべてが破損
 2010年6月奇跡的に地球に帰還 

小惑星探査機はやぶさプロジェクトチーム 川口淳一郎・宇宙航空研究開発機構教授
 「若い人に伝えたいのは、『技術より根性』。
  背伸びをしてでも果敢に挑戦し、少しでも高いところに立つと、次の未来が見えてくる。
  はやぶさでの経験を通じて、東日本大震災で被災された方に何より伝えたいのは、
     日本人の潜在能力の大きさだ。 やればできるという自信を、今こそ伝えたい。」

ハングリー精神が爽やかな勝利を、成功をもたらす。
  ハングリーな気持ちを失ったとき、勝利、成功は遠くへ行ってしまう。

(RCC中国放送「本名正憲のおはようラジオ」2011年07月21日ON AIR)

経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー・経済講演/堀 浩司

経済・ファイナンシャルプランニングの取材・講演・出演を承ります
経済ジャーナリスト 堀 浩司 の “経済コメント”

経済ジャーナリスト堀浩司HOME
プロフィール経済コメントコラム芸能マネーメディア情報取材・講演依頼セミナーのお知らせ癒しのマレーシア

経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 堀 浩司 オフィシャルサイト