堀浩司の関西深堀りラジオ!経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 堀浩司 おすすめ 癒しのマレーシア
PODCAST ラジオ配信中:RCC中国放送「ミライレポート」必ずわかる 法人税のしくみ

経済ジャーナリスト 堀 浩司 の “経済コメント”

民主代表選、経済政策を問う

  • 新政権の大きなテーマになるのが「増税論」ですが、代表選では増税慎重派が多いようです。
    まず「復興増税」については堀さん自身、どのような考えですか?
    ⇒ 復興増税について
    菅政権は12.5兆円の国債(復興債)を発行する計画
      国債増加額 23年度末までの4年間 平均31兆円
      なのに、12.5兆円の復興債発行で増税へという路線が不明確 大義があるようで無い
    実は、民主党政権は既に増税を実施
      今年からの年少者扶養控除の廃止  子ども手当てを導入したので15歳以下の扶養控除廃止
    ◎ 子ども手当導入前(〜2010.03)と子ども手当廃止・児童手当復活後(2012.04〜)とを比較すると
    小学生以下の子ども2人がいるサラリーマン家庭〜増税で手当は吹っ飛ぶ!!
        年収 500万円  年間  1万円負担増
        年収 800万円  年間約10万円負担増
        年収1000万円  年間約32万円負担増
  • 消費税の議論も低調ですね?
    党内には増税に対する反発が強い
    無責任なのは政治家だけでなく、増税アレルギーかもしれない私達も (増税では選挙で負ける)
    歳出削減で国家予算が立ち直れるほど:軽傷ではない
    23年度一般会計 歳出予算92兆4千億円 税収40兆9千億円  予算の半分以下の税収
      増税は避けて通れない 後回しは出来ない
  • このような状況の中で米格付け会社が日本国債の格付けを9年ぶりに引き下げました。
    これについてはいかがですか?

    サブプライムローンをAAAと評価した格付け会社
    日本Aa3 チリ、サウジアラビア、台湾、中国と同じレベル
      本当に世界はそう思っているのか。そんな国の通貨、円がなぜ買われるのか。
    ムーディーズ  民主党の党首交代は派閥争いから抜けきれない日本の政治体質を反映していると指摘
      引下げ、正当化のための理由付けが必要だった
  • 円高対策も必要ですね?
    何度も申し上げていますが、日本は輸出立国ではありません。
                   輸出比率(輸出/輸入) 2009  日本105.5%
    為替介入をいくらしても、
    少し円安に振れてまた円高に戻ることは投機家に、儲けのチャンスを与えるだけ
    すべきは、異常な為替マネーゲーム対策 規制(各国の協調が必要。日本が提言し続ける姿勢が大切)
     全世界1日の貿易取引 約450億ドル 1日の為替取引 約4兆ドル 実需の100倍以上の投機取引
                                       殆どの為替取引はマネーゲーム
  • 新政権にどのような経済政策を期待しますか?
    民主党代表選=総理大臣選出 民主党内の票取りだけで政策論議が聞えてこない
    本当に候補者は政策を忘れて票取りだけを考えているのか
    マスコミが票取りのようなニュースにしか流さない、飛びつかないからではないか。
    政権構想を追及していけば政治家もこたえるはず。
    私たちも、椅子取りゲームには関心を示さず、政策を聞かせろ!!という姿勢が必要。

(RCC中国放送「本名正憲のおはようラジオ」2011年08月26日ON AIR)

経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー・経済講演/堀 浩司

経済・ファイナンシャルプランニングの取材・講演・出演を承ります
経済ジャーナリスト 堀 浩司 の “経済コメント”

経済ジャーナリスト堀浩司HOME
プロフィール経済コメントコラム芸能マネーメディア情報取材・講演依頼セミナーのお知らせ癒しのマレーシア

経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 堀 浩司 オフィシャルサイト