堀浩司の関西深堀りラジオ!経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 堀浩司 おすすめ 癒しのマレーシア
PODCAST ラジオ配信中:RCC中国放送「ミライレポート」必ずわかる 法人税のしくみ

経済ジャーナリスト 堀 浩司 の “経済コメント”

今話題のNISAってなんですか?投資を始めようとしている方に。

日経平均株価 昨年までの数年間8000円台〜10000円台で推移
今年に入って11000円台から14000円台と上昇中  2013年9月末14,455円(前年同月8,870円63%上昇)
  → 株価が実体経済を反映しているかと言えば、疑問だが我々に景気先行きの明るさは提供してくれる

少額投資非課税制度(NISA Nippon individual savings account 日本版個人貯蓄口座 参考/英国ISA)
 2014年1月スタート  年間100万円までの投資から生じる収益を5年間非課税とする制度
 20歳以上の居住者 1人1口座(金融機関は最長4年変更不可)  投資期間2014〜2023年10年間
 非課税期間:投資開始から5年 非課税:売却益、配当、分配金(現行10.147% → 2014年以降20.315%)
 投資可能金融商品:国内外株式、株式投信、ETF、REIT(専用口座で新たに投資した場合のみ)

2013年10月1日口座開設税務署への申請開始
 申請初日(10/01)358万件  政府開始後7年間目標 利用者1500万人 投資総額25兆円
金融庁内閣府大臣政務官インタビュー(2013.05月)
 「日本の家計の金融資産1500兆円、貯蓄から投資へという流れをしっかりと促進していかないと、
                                  日本経済はなかなか活性化しません」  
 → 我々の投資は企業の生産活動に回るのではなく、殆どは単に前の金融商品所有者に渡るだけ

投資は自分のため、そして楽しく投資が一番
◎新聞経済欄や経済雑誌を読んでも本当の企業業績はわからない
 極端に優良、極端に不振企業を除いては、株価は大きな流れの中で動く
 10月11日経済紙「株価は3日続伸。米財政問題が進展するとの期待感から買いが続いた」
 日本の株価のマーケットリーダーは外国人機関投資家 売り67.1% 買い68.4%(2012年)
 日経ビジネス(2013.09.27)「外国人投資家を知ればアベ相場を制す」
ちょっとショッキングな数字(アブラハム・プライベートバンクと富士経済の共同アンケート調査2012.05月)
 個人投資家(累積投資額300万円以上の1000人対象)
  すべての金融商品 
   利益を出している個人投資家 20.6%  損失を出している個人投資家 72.4%  損益ゼロ7.0%
  株式投資  損失を出している人 70.5% 平均損失額 533.2万円
◎ 自分の興味のある業種、好きな会社に投資する  
 興味のある業種、好きな業種のことは企業活動の内容も情報も入りやすく、生きた情報となる
◎ 株主優待を楽しむ  株主優待導入2013年8月末過去最高1085社
 吉野家3000円券2.5%   ビックカメラ1000円優待券2.1%  居酒屋マルシェ3000円券3.6%
 カラオケシダックス2625円券5.4%
短期に儲けを考えると大きな損失を被ることになる。
        楽しく投資をすることが余裕の投資となり、余裕が利益をもたらす。

(FM秋田/JFN全国9局「OH! HAPPY MORNING」2013年10月15日ON AIR)

経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー・経済講演/堀 浩司

経済・ファイナンシャルプランニングの取材・講演・出演を承ります
経済ジャーナリスト 堀 浩司 の “経済コメント”

経済ジャーナリスト堀浩司HOME
プロフィール経済コメントコラム芸能マネーメディア情報取材・講演依頼セミナーのお知らせ癒しのマレーシア

経済ジャーナリスト・ファイナンシャルプランナー 堀 浩司 オフィシャルサイト